探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合

探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。

相手が信頼できなくなってしまったら人生を一緒に歩むのはかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。

それと、原因となった不倫相手に慰謝料の支払いが課せられれば確実に別れさせることもできるはずです。

自ら動くより、浮気調査は探偵に頼みましょう。

探偵に依頼する方が、浮気の証拠をちゃんとつかめます。

自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。

だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。

配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠をみつけることもできる可能性があります。

最初に、普段立ち寄らないようなコンビニのレシートをしばしば見かけることが多くなったら、その近辺に普段から何回も行っている事になります。

そこで逃さず見ていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。

日頃、相手の行動の様子を注意しながらみることは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を押さえるのには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方がトラブルなく、確実に結果が得られます。

そして、探偵をお願いした場合は、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。

法律上では、既婚者が配偶者ではない人と性的関係になることを不貞と定めています。

ということは、法律の中では、性的に親密な関係ではなかったなら、一緒に出かけたりしても、浮気とはいえません。

自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。

浮気をしている事がSNSを通じてばれてしまうこともあります。

コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるのでついうっかりパートナーが、隠すことなくプライベートについてアップしてしまう事が珍しい事ではありません。

中には、浮気をカミングアウトする様な証拠をネットに書き綴っている人もいるのです。

ユーザー名を知っていたら読んでみて下さい。闇金相談愛知県名古屋市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です